高野山オフ 其の二 高野山勉強会

高野山中にある広場を後にした一行は目的地である高野山を勉強する会へ
高野山の観光リンク張っておきますので興味のある方はこちらでどぞ。
高野山

今井自動車さんの今井さんにツアーコンダクターをお願いし

意味も分からず歴史的な建造物を見て【わ~ しゅごぉ~い】といいながら出店で餅を喰うだけの在り来たりな観光ではなく、
餅

一つ一つ建物の歴史やその他のバックボーンを教えて貰いながらの勉強会。
高野山オフのメインの催し物であり、あくまでもびーわんとパオとフィガロはおまけです。

ただアホみたいに教科書の内容を憶えさせられる糞みたいな義務教育なんかより
少年の心を持ち合わせた私としては、こういう先生が学校にいたらもう少し勉強したのにな。。。と感じる事もしばしば。
教科書の内容をただ読みあわすだけの先生はいらないよね。
だって教科書に書いてるねんから自分で読めばわかるやんけ・・・税金返せ

と個人的な意見はこれくらいにして

中門
根元大塔
南無
色んな所をご案内して頂きました。

DSC_6836.jpg
お清めの作法も教えて頂いたり

鳥居

鳥居へ入る際は
真ん中は神様が通る道なので参拝者は端っこを通るんだよと優しくご説明して頂いてる最中、既にど真ん中を通行しており笑われましたが・・・今井さんにある意味、君は神様みたいなもんだから真ん中で大丈夫だよwww
とお墨付きを頂いたので次回からも真ん中を通ってやろうと思います。


中でも個人的に印象に残ったのがこの二つ↓
FB_IMG_1574820383454.jpg
名前は忘れましたが漢を象徴した建物という事で
中にあったご神仏のお顔も悪そうな顔をしておりましたヽ(`ω´*)ノ彡☆
PB230378.jpg
皆様にとって漢とは 色々あるでしょうが
私にとって漢とは新日本プロレスIWGPヘビー級チャンピオンの事であり
記念に現チャンピオンのオカダカズチカ選手のレインメーカーポーズを撮らせて頂きました。
歴史的建造物の前でアホみたいな事して申し訳ありません。

そして
六角
六角経蔵
一回りするとお経が唱えられなくても同等の効果が得られるという建造物です。
歴史が苦手な人でも安心してご利益を得られそうですね(^-^)/
他の参拝者の方は一生懸命想いを込めながら廻っておられました。
PB230380.jpg
FB_IMG_1574823990293.jpg
こいつは遊園地のメリーゴーランドとしか思って無い雰囲気ではありますが、一周回ったのでご利益はきっとあるはずです。

高野山は眠らない町東京のような事はなく
参拝時間も決められており全てのルートを初日で回る事は出来ませんでしたが、
時間の許す限り参加者の皆様で参拝することが出来ました。
PB230392.jpg
参加者の皆様で記念撮影

参加者の皆様
お忙しい中、予定を調整し高野山オフへお越し頂き誠にありがとうございました。
既に次回開催も参加者の皆様から熱望して頂いており高野山オフと言う形に拘るつもりはなく何かまた今井さんとコラボで企画出来ればいいなとは思っております。
あくまでも予定ではありますが
春頃などに会費は¥5000くらいで【桜を見る会】なる催し物を開催出来ればいいなと思っております。
あくまでも予定は未定で決定ではございませんが。


今回は今井自動車様とのコラボ企画でオフ会を開催させてもらいましたが
みんな何を気にしているかしらんけど
オフ会の参加人数が多い少ないを気にしているのか・・・小規模の動きが減ってきましたが
大事なのは参加者の方が楽しかった また来たいって言ってもらえることであり
参加人数や規模の事ではないから そこんところ勘違いしないようにね。

あくまでも社交辞令かもしれませんが、すくなからず私はとっても楽しかったです(っ*^ ∇^*c)

今回参加して頂いた方に参加記念をご用意させて頂いておりましたが、
DSC_6917~2
DSC_6918.jpg
DSC_6919.jpg
DSC_6920.jpg

参加記念をお渡しするのを忘れるといういつも通りのポカをやらかしたので、参加者の方々へは後日郵送で送らせてもらいますね。

そして 高野山オフ会三部作 終章 ~そして伝説へ~と続く

コメント

非公開コメント